IMG_9074 (Small)

昨日から新作インスタレーションの一ヶ月間の展示が始まってます。
最後の一音を祈るような気持ちでインストール。

全部で四つの連続した空間のマテリアルをサウンドとの融合でどう結びつけるか
最後まで試行錯誤しましたが、なんとかディレクターもスタッフも納得の結論を導き出せて無事納品。

部屋ごとに水が見た人の体全体を覆ったり、落ち葉がまとわり付いたり、井戸から水が湧き上がってきたり・・
ミュージアムカフェでは耳を澄ますとその井戸の水滴が上の階から浄化されて滴り落ちてきてたり・・非常にユニークな展示になってます。

今回フィールドでの録音作業も手掛けてますが、洞窟に入ったり泥に埋まったり・・

IMG_9055mono (Small)

今回は別件で一足早く現場を離脱して、福山雅治のベストアルバムを聴きながらのんびり車を走らせての帰路だったのですが、途中でちょっと寄り道・・と思いハンドルを切り、知人に久しぶりに挨拶をしに行ったら何故か某プロジェクトの打ち合わせにそのまま出ることになり、気が付くと高校の先生や有識者の人たちとテーブルを囲んでましたw

既に乗りかかった舟になってるのでこちらも動きがあったらインフォメーションします。かなり面白いことになりそうな予感。

何故か少しずつ顔見知りのアーティストが集合してきたのでそのままディナーに突入。

リチャードというイギリス人のアーティストと侃侃諤諤で英語と日本語をゴッチャにして会話していたら「今度何か一緒にやろうぜ!!」みたいな話になってアートと政治の関わりについて延々と話し合ってました・・ 車の運転の為に僕はアルコール抜きでの食事だったのですが途中から何故か酔っ払っている感覚になってました。

IMG_20180801_172540

この写真を見ると制作も一段落して馴染みの人たちと再会してる安堵感と相当油断している雰囲気が伝わってくると思います。

最近色々と平行して動いてるものが多いのですが、とりあえず次はある式典の音楽の為に作曲の準備なんかを始めつつあります。

広告と違ってアートっていうのはBuying and sellingの対象になりにくい側面がある上に根本的にクライアントではなく作者の意図が重視されるものなので仕事として考えると簡単に割り切れない部分も多いですが、僕のように【特にこだわりがないのがこだわり】みたいなスタンスでやっていると今の時代は結構いろんな事に関われるので飽きずに手を動かせていけるし、そこそこ面白い時代だなと思います。

アート、映像、広告、地域振興、ポップス、CSR・・とそれぞれのベクトルがまた違う側面に作用してくれるので一緒に関わる人も多岐に渡り非常に人生勉強させてもらってます。

・・とりあえず、毎年この時期は大きめのアート作品に関わることにしていますが見た人のリアクション含めエキサイティングな日々になっていて、とても気に入っています。

なんと言っても僕の大好きな夏ですし。

【EARTH SCAPE】

Artist : 佐藤香 / 大岡 真一郎

Director : 矢部佳宏
Sound programming : 大岡 真一郎
Public relations : Kaori yamaguchi
Design : ITWST

Technical staff : team.NIAV

http://nishiaizu-artvillage.com/earth-scape/

NCM_4051