で、今年も夏のサウンドインスタレーションを作ります

p20180513-183934

この頃、急に寒くなってきてこの前桜を見てた(そして散った)というのになんということだ、と驚愕してましたが、僕の部屋のある東京郊外から都心に向かう地下鉄に乗ると体調の優れなさそうな人がまた増えてます。

皆さんもお気をつけて。

ゴールデンウィークも終わりすっかり平常運転になってきてますが、最近は車の企業PVの音を作ったり、バラエティー番組の中で使う音楽の選曲をしたりと色々やってました・・昨年くらいから大学で喋ったり色々仕事の幅も広がって来ててコマーシャルの現場とかも行ったりとか、まぁ動いてます。

・・で、肝心の自分の音楽(全部自分の音楽ではありますが)なんですが、最近は福岡時代の友人の女の子に頼まれて歌モノのアレンジとか手伝ったりとかしてました。

ポップスっていうのは曲の良さを伝える上でアレンジの持つ比重が大きいんですよ、とかの山下達郎さんも何処かで仰ってましたが、この頃やっていなかったけど確かにポップスをアレンジすると歌メロが真ん中にあってその周りをどう彩るかっていう作業が広告音楽とかを作るよりもかなり自由で、そこに歌詞とかのコンセプトも踏襲しないといけないし、これは確かに楽しめるなーと感心しながらやってます。

たぶん7月くらい?に福岡でライブで演奏してくれるみたいなので音源とかゲットできたらアップしようと思います。

・・で(前置きが長い)、今週から大阪とか行ってるんですが東北でここの所毎年夏に作ってたサウンドインスタレーションですが、今年もやります。

1年目の森のはこ舟アートプロジェクトの「primitive soundscape」では星野さんというサウンドアーティストとのコラボで、2年目に喜多方でやったのが「記憶の音」喜多方市文化芸術創造都市推進事業 市民プロジェクト・・で今年は女性の美術家さんとのコラボレーションで制作します。

詳細は追って沙汰するので今しばらくお待ちください。

おそらく来月からはアーティスト・イン・レジデンスに入居してミーティングとかが始まります。

それまで色々吸収したり勉強したりする時間を・・と思って頼まれているものや書類関係をバッサバッサと片付けていますがこの時期はそういうのがなかなか終わらないわけで、これが5月病かみたいな感慨も抱いてます。

昔はこの時期にちょっと鬱っぽくなったり上手く口が回らなくなったり(これは割と今も)する傾向が個人的にはあったりしてやっぱり1年を通してのバイオリズムというのは確かに存在するぞ、と確信を持ってます。

それを大事にする事(やる気の出ない時は頑張らない)というのも長い目で何か成果を出す上では意外と大切な事なんじゃないだろうかとも思います。

そういうわけで自分の中では一つの長距離走的に3年も続けて作ってきた夏のインスタレーションですが今年もやります。

また色々決まったら書きます。