忘れがたき故郷(葛尾村再び)

katsurao_mini

先週、KDDIの復興庁CSRプロジェクト『かつらおムービーメーカーズキャンプ』で初めて訪れた葛尾村に、仕事抜きのプライベートで再訪してきました。今回は焚き火を囲んでのアットホームな集い。先週会ったばかりの葛尾村の方たちと満点の星空の下白い息を吐きながら心温まるひと時を過ごしてきました。

・・僕は自分のクリエイティブの現場で関わった人達の居るところにはすぐに制作抜きで再び訪れることを心がけていますが、今回はマッハでの再訪に「一週間でまた葛尾に来るなんて・・笑」と目を丸くして驚かれました 笑

焚き火を囲んでお酒抜きで語り合い、元合唱部だった小学校の先生の独唱で「故郷」を全員で聴き・・ととても心洗われるひと時を過ごす事が出来ました。

音楽の世界ではCDが売れないと言われて数年が経ってしまい、また再び音楽が売れるためにはどうすればいいのか?というような事を真剣に論じている人もいたり、その他の業種でも数少ない残りの椅子にいち早く座れた人が勝者・・というようなほとんど椅子取りゲームみたいな世の中になってしまっている面が最近の日本にはありますが、本来的な大人の責任というのはそういう少ない無い椅子を今よりも少しでも多く増やすことだったり、いつか帰ってきた人たちが安心して座れる椅子を一つでも多く作っておくことだったりするんだよな・・とふと思います。

そこで音楽の出来ることはやるべきだし、音楽を鍵として何かが繋がった時にはたとえ音楽以外の事だとしても自分の役割を全うすべきだと思います。

・・・こうして巡り合った葛尾村との関わりの中で自にいったい何が出来るのか、そんなことを考えながらさっき帰ってきました。

FB_IMG_15128358766402327

葛尾という場所を介してこの縁を繋ぐ葛尾村の下枝さんと村の若手の皆さんに心からのエールを。
先週からの引き続き素晴らしい時間をありがとうございました。


KDDIの復興庁CSRプロジェクトで音楽を作りました

KDDI

KDDIのCSR事業(企業の社会的責任(きぎょうのしゃかいてきせきにん、英: corporate social responsibility、略称:CSR)で福島県の葛尾村のオウンドメディアを作るプロジェクトの制作合宿で葛尾村に行ってきました。

葛尾村は福島第一原子力発電所事故の影響で村内全域が警戒区域又は計画的避難区域に指定されていて一時期は全村民が村外に避難していましたが、帰還困難区域を除き2016年6月12日に避難指示が解除され現在は少しずつまた以前暮らしていた人達が自分たちの故郷へと戻ってきています。

この村の復興再生を担うべく立ち上げられた地元若手有志による団体、一般社団法人葛力創造舎の方たちとのネットでのやり取りを通じて僕も今回のプロジェクトに参加することになったのですが、葛尾村には初めて訪れるということもあり非常に楽しみにしていました。

今回はプロジェクトのスタートダッシュとして【かつらおムービーメーカーズキャンプ2017】というイベントが企画されて村のプロモーションを美術、芸術系の学生を中心とした若者に作ってもらおうという企画が立ち上がり僕はそのファシリテーションという役割でのオファーでした。KDDIのスタッフの方たちや地元の若者そして各地から集まったファシリテーターによるミーティング、リサーチ&ロケ・・そして編集、という非常に多忙なスケジュールを2日でこなすというまさに挑戦的な企画だったわけですが、結果的には1分半のプロモーション動画を全員で制作し無事ネットへとアップロードすることが出来ました。

音楽も僕が引き受けることになり当日現場で作曲し、動画内の音楽も完全にオリジナルのものになっています。

完成した動画はこちら

音楽のみはこちら(DAW Studio One リバーブ sanford reverb ピアノ&オーケストラ系の音源は付属のPresenceのみで作ってます)

今回は葛尾村の「自然」「暮らし」「挑戦」という3つのキーワードで各チームに分けてサンプルで3つの動画を作成し1日目にそのプレゼン、そして最終的にはそれを一つのムービーにまとめるという作業を次の日の関係者を集めた視聴会までに行わなければならないという非常にタイトなスケジュールでの制作で、最終的にはクリエーターが宿舎の一部屋に集合し全員で一丸となって深夜まで編集作業にあたり発表当日早朝の朝に動画が完成しました。

・・こういう会ったばかりのメンバーで難関を乗り越えていくということそのものが僕の大好きな事でもあるので色々な意味で実り多き2日間でした(笑)

そして今後も葛尾の挑戦は続いていく・・という事を踏まえて記念すべき最初の作品を見てもらえたらと思います。

葛尾村やKDDIの皆さん、そして今回出会ったクリエーターの皆さん、今回は本当にありがとうございました。
今回の縁を大切にし、そして今後更に大きくこの輪を広げて葛尾村の再生へと全員で力を合わせていければと思います。