バイノーラル録音していたリハーサルの映像と音をVimeoにアップしてます。実際は立体音響で作っているのでステレオにすると全然違うものになってしまうのですが、まぁ雰囲気だけ。

今回、カメラマンの方やFM局の方が特に興味を持って長く体験してくれて
それぞれに色んな意見を言ってもらえてそれがとても興味深い内容で良かったです。

カメラマンの方とは「MP3化した音はそれをCDに焼いて聴くと何故か感動しない平坦な音になる」と言っていて圧縮音源のレゾリューションについて随分長くブースで話し込んでた。

FM局の方は「喜多方の街中の音で今と昔の変化が印象的なのはカエルの鳴き声が以前は街のどこにいても聴こえてきていた・・」と言っていて時間の経過と共に何気ない生活環境音も随分と変化してきていることを語っていたのが印象的でした。