mogisan

早稲田大学で行われたシンポジウムへと行ってきました。

茂木さんの講演の中で「大学に入るのに受験は必要か?」という話が出てきて驚いた人もいたみたいだけど文科省の定める教育指導要領にとらわれた学力中心主義の学びからはイノベイティブな人材は現れてこない、という意見に共感していた人はとても多かったように思います。

次の時代はこれまで学校が行ってきた学力と偏差値の追求的な勉強の仕方ではなく自分の興味と好奇心を軸としたそれぞれの個人的な探究型の学習が重要で、そういった学び方をしてきた人たちの中から今後面白い人材が現れていく(既に現れている)という話を自分も興味を持って聞いてきました。

シンポジスト2

茂木さんの講演の後は美術や教育、音楽・・と各分野のシンポジストが登壇して自分の作品のことやそれぞれの分野での興味を追求するモチベーション、そこに至ったきっかけなど質問されたり全員で討論してプログラムは終了しました。

実はシンポジウムの前に行われた分科会のオファーも頂いて、その中でも色々と話をさせて頂きましたが自分のように勝手なことばかりして己の興味の赴くままに色んなことに首を突っ込んでいる人間の話を黙って真剣に聞いてくれる人を前にすると正直かなり焦ったりもしました・・が、それこそ自分もこういう機会に学習の場を得ているのだろうなというのが偽らざる心境でした。

最後にインフォメーションなんですが9月30日と10月1日の2日間、西会津国際芸術村でアート系のワークショップを担当します。
そちらの方は公式のインフォメーションを待って詳細をお伝えします。

そんなわけで、まだまだ夏は続きます。