精神の北へ2

先日、東京都美術館での展示が終わったSpirit of “North”のパンフレットのConcept Description部分を載せておきます
色んな作品に関わる時には様々なジャンルのアーティストと会話したり交流して少しずついつもその世界観を理解しながら仕事することを心がけているんだけど、今回はなんか妙にスッとプロジェクトの世界観に同化していけた気がしてて、それはやっぱり自分の中に流れているまさしく「北のDNA」のお陰だったのかな・・ということをぼんやりと東京から北へ向かう道すがら考えてました。

明日はまたまたWiZ国際情報工科大学校でFUSEですが毎回今更ながらに鍛えられる部分が多い場所でもあるので緊張感を持ちつつ楽しみに準備中。

最近色んな人に「頑張ってるね~。活躍してるじゃん」と声を掛けてもらうのですが自分ではまだまだだろ・・という部分と、別に上昇志向を持ってこういうことをやってるわけでもなく己の運命の潮流にひたすら流されているだけだな・・というのが本音でもあり・・。ただB to Cのアーティストとか音楽家っていうのはこれから先(そう簡単には)成り立たない時代が来ることは確実なんだろうけどB to Bでアーティスティックな能力が要求される現場というのは確実に増えてきている実感もある・・まぁ簡単に言うと確実に時代は代わりつつあり個人の(ある種の抽象的な)能力が行政などの組織や共同体にJoinするという世界は既に始まっている実感が正直かなりあります。

※ついでに書くならそのB to Bの「関わり方のエピソード部分」や「成果物」は今後コンテンツとして成立していく気がしないでもない。

有名になろうとは全然思わないけど、いい仕事はどんどんこなしていきたいしその為の腕も磨いていきたいです。

back

東京都美術館のバックヤード。思えば僕はダ・ヴィンチ・コードとかの映画を見ていても有名な建物の裏側部分に凄く興味が惹かれるんだけど歴史ある公共施設の裏とかを見るにはアーティストになるのが一番と思ってこういうことをやってる部分も多分にあるので、いつも仕事の合間には色々見て楽しんでます。

無闇に入れない箇所も多いのでまぁ限られた範囲で・・ですが。

そんなのも最近割と楽しいです。