イノベーション東北

tarozaemon_blest

Googleによる東日本大震災で被災した地域の経済復興を支援するためのクラウドマッチングプラットフォーム「イノベーション東北」から始まったゲーム開発プロジェクト「大槻太郎左衛門」で現在、音楽プロデュース、サウンドデザインを担当しています。

ACII.jp イノベーション東北を担当する松岡朝美氏のインタビュー記事 人と人をつなぐ復興、グーグルの「イノベーション東北」
http://ascii.jp/elem/000/001/134/1134041/

西会津の武将である太郎左衛門の足跡を辿りながら戦国の歴史の中様々なストーリーが展開していく・・というかなりスケール感のある作品で音楽の方向性はフルオーケストラ、大河ドラマ風・・というかなり本気で取り組まねばならない内容になってて、その第一回のブレストと開発、ミーティングへの参加のため西会津へと行ってきました。

早朝からのフィールドワークには残念ながら間に合いませんでしたが、その後のアイデア出しやプロトタイプの開発、チーム全員での夕食などに午後から参加。温泉にも入り、新米のご飯も美味しくとても素晴らしい2日間でした。

Googleのハングアウトで東京のプランナーと西会津のチームとを繋ぎミーティングを重ねながらゲームの大まかな全体像を全員で形にしていく作業(の中で作曲も同時に進行)など非常にスピード感のある現場で、時代は変わったなーなどという感慨も懐きつつ、さっそゲーム全体の流れの中で時折登場する予定のミニゲームのプロトタイプも出来上がったので、その映像を載せておきます。

今回ゲーム音楽というものを初めて担当しているのですが、劇中の効果音など全てのゲーム内のサウンドデザインを作曲家が一人で行ってる、というのは実は非常に珍しいことなのではないかと。

今回はサウンド担当の僕以外にもやデザイナーさんやプログラマーさん、3DCGのモデリング担当の方など技術スタッフが自分の専門以外の多くのセクションを兼任しつつ企画から参加しているので、全員でゲームのアイデアやストーリーを構成し、その世界を形にしていく・・というとてもやりがいのある現場になっています。

ロングランなプロジェクトになると思いますが、最後までしっかり楽しみたいと思います。


縄文と原始

jyoumonjin1jyoumonjin2

ちょっとブログに載せ忘れていたお気に入りの写真があったのでさくっと更新。

夏に西会津で公開していたサウンドインスタレーションの展示期間中に一階のミュージアムショップ併設の学習コーナーで、子供たちが描いた作品が展示されていたのですが、縄文をテーマにした会期中なので当然縄文人・・。

ですが、多くの場合、何故か『原始人テイスト』になっていることが多く、よく考えたら自分自身も原始人と縄文人の違いって明確には表現できないことに焦りましたw
jyoumonjin3
(これはもしかするとマンモスの肉だろうかww)
これからも子供達にできるだけ多く見てもらえる作品を創り続けていきたいです(*^^*)


ゲーム制作のフィールドワークと合宿の準備中

1914650_1035688379835955_5873730911525774743_n-696x258

ずっとブログを更新していなかったようなので、連投で近況なども書き込んでみます。
今は東京でこれを書いていますが、もうすぐ西会津へと移動予定。

今関わっているgoogleイノベーション東北のプロジェクトでゲーム音楽を担当させて頂いているのですが、
その制作にあたりプログラマーさんやデザイナーさん、歴史の先生たちと共にフィールドワークや合宿があるので、
レジデンスに宿泊許可を得て、そこで大勢で一気にコンセプト固めの作業を行うスケジュールです。

インターネットを用いたコミュニケーションを通じてコンテンツ制作を行い、
地域の再生に繋げていこうという試みですが、実はゲーム音楽をプロデュースするのは初めてで、憧れも強かった分野なだけに楽しみです。

効果音なども多く作ることになると思うので、ラップトップの中には既に色んなサウンド素材を準備中。

出来る限りゲームの世界観を引き立てることの出来る味のある裏方に徹しようと思っていますが、
リリースの折は皆さんにはぜひ音にもさり気なく気を配りながらw プレイして頂ければ嬉しいです。

googlelogo

ところでgoogleのロゴって去年さり気なく変わっていたんですね。
気が付かなかった。


芸術の秋

akiakari1_02mini

今年から交流をさせて頂いているmino art infoさんからメールのお返事を頂きました。

『美濃紙の芸術村』からmino art infoとして生まれ変わり、人と繋がることに重きを置いた活動へとシフトした美濃のアートレジデンスなんですが、ちょうど6月に西会津国際芸術村でのサウンドインスタレーションの準備と日本の陶器、陶芸の歴史文化の研修を兼ねて美濃へと旅をしてきた時に大変お世話になった経緯があります。

途中でみのかも文化の森に立ち寄ったり美濃市では長良川の音を録音したり街を散策したり、
久しぶりにいい旅をしたな~と感じる充実した時間と出逢いが美濃にはありました。

現在mino art infoでは定期的に作品展を古民家を会場に行っており、その秋の展示が11月にあるそうでフライヤーを送ってくれました。僕も久しぶりにまた訪れたいなと思っています。

このブログを読んでくれている皆さんにも秋の行楽で芸術を楽しむ際にはぜひおすすめしたいです。