DRASTiC NiND

僕のユニットUnver Facesで「元気の出る曲書こう!」と思って5分くらいで作った曲。企業PVとかクライアント・ワークを続けていると忘れがちなんだけど音楽の自由さとか表現する喜びとか夢みたいなものはいくつになっても忘れたくないな~と思う。

美術館や行政の仕事が増えては来てるけどいつでもクラブやライブハウスでやんちゃ出来るギアも持ちつつって感じを大事にしたいのです!


SIGMAと会津

子供の頃から写真は好きで、音楽よりも先にカメラを始めたのだけど、
フィルムカメラの頃から交換レンズはSIGMAをよく使っていた。

その理由は、ひとつは単純に当時同じくらいのスペックなら他のメーカーよりも
安かった、というのがあるんだけど写りやレンズ自体の物としての質感もなんとなく気に入っていた。

SIGMAの唯一の生産工場は実は会津にあって、今でも頑なにメイド・イン・ジャパンを貫き通す珍しい会社。

福島県の出身の人でもあのSIGMA製品が会津で作られているとは知らない人も多いんだけど
郡山のヨドバシカメラに行くとSIGMAレンズは会津で生産されています!とポスターに書かれているよねw

そのSIGMAのオウンドメディアがこちら。
映像も美しいし音楽も素晴らしい。

いつかSIGMAのコンテンツの音楽を僕も作ってみたいな・・

今日は久しぶりに写真を撮影しに表に出てみようと思っています。


動画

福島県内で初となるサウンド・インスタレーション作品を現在手掛けています。

この数日のビレッジとレジデンスでの制作風景を帰りの会津若松の七日町通りのカフェで編集しました。正式な告知の前に、ティザー的に少しずつ情報を出していきますのでどうぞご期待ください。今回は色んな人達と作っている作品なので一気に情報解禁出来ないので、あんまりらしくはないのですが焦らさせてくださいw

福島県内初のサウンドインスタレーション作品らしいですが、それもなかなか光栄なことです。


音→マテリアル→装置→ウェブ

mono1

mono2

今回のステイの最終日の朝。
マカロニをコンソメスープで茹でてますw

昨日は夕方から夜に掛けて最終の詰め作業

音→マテリアル→装置→ウェブという感じの作業フローで
びっしりやることは決めてきたんだけど、
実際に作業に取り掛かると、思うように進まない箇所や
現場での閃きや一緒に仕事をする仲間の発想なども出てくるので、
その都度、巻き戻したり先に進めたりフレキシブルにやってたんだけど、
一旦ここまで、っていうところで完成品(ではないんだけどw)を見たいんだよねクリエイターは皆・・笑

僕の仕事部屋で作ってた装置を実際の展示ブースに運んで
音を流して会期中の配置方法を決めたり色々話し合い。

ここで思いもかけないideaが出てきて想像していたものよりもさらにブラッシュアップされた?
意外な仕掛けをすることになった

全部はまだ言えないんだけど、後日ここでお知らせします。

今日は星野さんまで駅に送ってもらって、そこからまずは会津若松に向かいます。
今日の朝は肌寒いけれど昨日の夜からの霧が山の方へ帰って行く荘厳な風景を散歩途中で眺めてきた

実際帰りたくなくなるなw


Rain cloud

mono2

mono1

mono3

昨日の夜、アメリカ人のアーティスト、ウィルが帰って来た。
僕はNIAVの閉館後も仕事部屋と一階のカフェで仕事。

インスタレーションの試作品が完成したので、ディレクターの矢部さんに確認して貰い
スピーカーやマテリアルの配置などの本格的な展示への準備を明日の午後からする予定。

こちらに来てから凄く生活が規則正しいものになったのだけど、
集中できる環境で音と平行してウェブや動画などの制作もしているので
どうしても帰宅は遅めになってきてる。

ただレジデンスまで歩いて一分で、帰ると色んなアーティストが食事をしていたり
そこに居るので毎日の帰宅が実は楽しみだったりする。温かい良い空間ですw

夕食はマカロニとソーセージをコンソメで食べた。
それからビールを3本。

深夜にバスタブに浸かり、ベッドに潜り込むと静かに雨が降りだした。

眠る前にウォークマンを聴くことが多いけど
こっちでは自然の音を聴くことにしてます。

すごく忙しく充実しているけど同時に癒やされてもいるんだろうな。

空気とコーヒーが美味いです。
幾つか日常の写真を載せます。

1 今朝の雨音をフィールドレコーディング
2 レジデンスとビレッジで一緒に仕事をしている女の子
3 昨日の試作品


AIR(アーティスト・イン・レジデンス)

mono1

mono2

レジデンス三日目の朝。
昨日は仕事部屋で星野さんの録音してきた環境音素材の加工と整理。

大雑把な作業の流れは、受け取ったステレオのPCMデータをモノラル化し、
それを6トラック分綺麗に整頓していくという作業なんだけど、
それぞれのデータの一番素晴らしいところを抽出し、
それらが合わさった場合の整合性を各トラックごとに確保しなければならず、
さらには最後に電子音や加工されたピアノの音声が入った場合も想定しつつ・・という
なんか天文学的なセンスが要求される難しい内容。

でも作業環境が素晴らしいので楽しんでやってます。

こちらでの暮らしは元々県内の出身ということもあるし
旅ばかりしているので到着時から既に体の調子も万全で、地元の野菜などの食事もとても美味しい。

コラボアーティストの星野さんの日本のアートの歴史を
根本から疑うような(笑)歴史の重みのある話も面白く、
夜は夜で楽しくコミュニケーションしています。

こっちでは個室に暮らしているんだけど、共有スペースでのジャンルの異なる
アーティストとの触れ合いからも色んな発想や思いつきが浮かんできたりするので
これからこういうAIRで行政や博物館や美術館の展示物の制作をアーティストにさせるのはありかも。

朝起きたら1階にステイしている女の子が
日向ぼっこしながらiphoneしてました。

彼女はアーティストでもあるんだけど、地元でアート制作の運営にも関わっていて
凄く気が利く人なので、キッチンの掃除とかしてもらって(ちゃんと僕らもしないといけないんだけど)
普段の東京や福岡での暮らしよりも生活にメリハリ感があります。

今日は休館日なので、午後からのんびりとデザインとコーディング作業でもします。
あとレジデンスでの写真を何枚かアップロードしておきます。


レジデンス日記

mono1

mono2

西会津国際芸術村に到着しました。
一日目は住む部屋と仕事部屋の整頓から。

今度のインスタレーション作品の音やウェブを制作するための
仕事部屋は昔の木造校舎を利用した角部屋で窓が大きいのでとても開放感がある。
構造的に音の響きはかなりあるので原音再生にはあまり拘らずに
オーディオ的なモニター環境を意識して、BOSE 101Italianoを持ってきた。

それとEDIROL PC-50
メインのDAWとしてStudio One2を選択。

食事は僕が当番なのですが、昨日は打ち合わせで遅くなったのでレジデンスに
共同で生活しているアーティストの女の子がカレーとサラダを作ってくれましたw
この子はニューヨークのホームステイ先から帰国して
今はここでアート活動の運営などに関わっています。

彼女とサウンドアーティストの星野さんと僕の3人でビールを飲みながらの静かな夜、
アートや思想、宗教感や哲学の話で盛り上がりとても良い時間を過ごしました。

気がつけば音楽は1曲も聴かなかったなw

渋谷慶一郎さんやCAPSULE、エリック・サティなど色々と持ってきたので
今日は朝からエレクトロサウンドで気分を盛り上げながら
星野さんとの打ち合わせを終えこれから仕事部屋に向かいます。

Step on The Floor

東京に居る時は夜中まで音作りをして朝眠ったりしてたけど
こっちでは誰も夜になんか起きていないので昼間ちゃんと働いて
夜はのんびり色んな人と話をしたり読書をしながら過ごす予定。

まずは1日目のDIARY


easy to understand

歌が入ってない音楽は・・みたいなことを最近言われてハッと気付いたんだけど、音楽といえば歌、っていう人も実は多いんだよね。僕は作詞もするのでポピュラー的なアプローチは今後も続けていくと思うんだけど、自分の音楽活動は色んな意味でバランスを大事にしてます。

色々やってると時間が足りなく感じることもあるけど、今後の人生はより1秒に対する密度や濃度は上げていきたいと思う。