戊辰150年の音楽やります(越後口編)

p20180819-102125

今年は戊辰150年ということで、僕の故郷の福島県でもあちこちで関連行事が行われていますが、戊辰戦争の舞台となった会津では街中が戊辰150年一色で観光客も特に今年は増えています。

NCM_4104

戊辰150年というまぁこの辺の表現の仕方は色んな事情があり会津では維新よりも戊辰にウェートが大きく置かれているのですが、この前訪れた山口県ではもちろん

【明治維新150年】

と新幹線の駅にも大きく掲げられていますので国内でもここまで異なる視点が2つあるというのは面白いな・・と・・・(汗)

(ちなみに僕の家系は母方が会津です)

まぁ、そんなわけで今年も色々な場所で音楽に携わらせてもらってますが戊辰150年などというのは完全に一回しかないわけで自分も関連イベントで音楽に関わらせてもらってます。

この催しは少し特殊というか内容が非常に斬新でもありブログでも説明しきれるかどうか分からないのですが要約すると、会津西方での会津戦争の歴史を新潟県の阿賀町と西会津の行政区画を超えたコラボレーションで今回は西会津側は「講演、ツアー、寸劇(オペラ)」で解説&再現する予定です。

講演は大阪商業大学の田崎公司准教授。

そして西会津町の会津戦争探訪ツアーのガイドは西会津の田崎敬修先生です。

僕はそのツアーの中で特に激戦となった龍泉寺の境内で行う田崎敬修先生による脚本の
大河オペラの音楽を担当します。

舞台装置は和紙のアーティスト滝澤徹也さん。
面識はありましたが今回初のコラボレーションです。

西会津といえばGoogleイノベーション東北で制作したゲームコンテンツ
『大槻太郎左衛門の乱』がありますが、
今回のその制作チームでプロジェクトマネージャーをしていた女性の方とのつながりで僕も参加することになりました。彼女はいわゆる歴女で幕末の歴史に相当詳しく、今、会津で配ってる『戊辰150年の偉人たちカード』をコンプリート中でこの前打ち合わせ後に見せてもらいました。

とにかくこういうグッズからフライヤーからして大盛り上がり中の戊辰150年な訳ですが、
日本の近代化の中でも特に重要な歴史的転換点となった明治維新(あっ、明治維新って言っちゃった!)を故郷でしかも音楽で盛り上げられるのは非常に名誉かつ貴重なことだと思ってます。

詳細など決まり次第ツイッター、フェイスブック、ここでアップしていきますのでチェックしてみてください。

今回の企画も気合を入れて望みます

押忍。

※この前打ち合わせに行く途中で道の駅に休憩に入ったら今やってる現代美術家の佐藤香さんとのコラボレーション展示のポスターが掲示されていました。

こちらもまだまだ絶賛開催中です。
重ねてよろしくお願いします。


昨日の朝刊に載ってました

地脈の蠢き新聞記事

美術家の佐藤香さんとのコラボレーションの事が昨日の新聞に載っていたのでアップしておきます。東京の友人宅で朝食を食べていたらLINEで知人が載っていたよ、と送ってくれました。美術作品に関わり続けてきてメディアに自分のやっていることを伝えるのがずっと苦手だったのですが、僕のしてることを分かりやすく書いてくれている記事でとても嬉しかったです。

今回のインスタレーションで西会津という場所を選んだのも色々理由はあったのですが、東京だとこの方向性の作品で資材を運搬するコストと消防法その他の規制の関係等で実現可能な場所が限られると思うし、コンセプトその他が色んな意味で一期一会な作品になっていると思います。

ぜひ現地で体感してもらえたら嬉しいです。


昨日から新作インスタレーションの一ヶ月間の展示が始まってます

IMG_9074 (Small)

昨日から新作インスタレーションの一ヶ月間の展示が始まってます。
最後の一音を祈るような気持ちでインストール。

全部で四つの連続した空間のマテリアルをサウンドとの融合でどう結びつけるか
最後まで試行錯誤しましたが、なんとかディレクターもスタッフも納得の結論を導き出せて無事納品。

部屋ごとに水が見た人の体全体を覆ったり、落ち葉がまとわり付いたり、井戸から水が湧き上がってきたり・・
ミュージアムカフェでは耳を澄ますとその井戸の水滴が上の階から浄化されて滴り落ちてきてたり・・非常にユニークな展示になってます。

今回フィールドでの録音作業も手掛けてますが、洞窟に入ったり泥に埋まったり・・

IMG_9055mono (Small)

今回は別件で一足早く現場を離脱して、福山雅治のベストアルバムを聴きながらのんびり車を走らせての帰路だったのですが、途中でちょっと寄り道・・と思いハンドルを切り、知人に久しぶりに挨拶をしに行ったら何故か某プロジェクトの打ち合わせにそのまま出ることになり、気が付くと高校の先生や有識者の人たちとテーブルを囲んでましたw

既に乗りかかった舟になってるのでこちらも動きがあったらインフォメーションします。かなり面白いことになりそうな予感。

何故か少しずつ顔見知りのアーティストが集合してきたのでそのままディナーに突入。

リチャードというイギリス人のアーティストと侃侃諤諤で英語と日本語をゴッチャにして会話していたら「今度何か一緒にやろうぜ!!」みたいな話になってアートと政治の関わりについて延々と話し合ってました・・ 車の運転の為に僕はアルコール抜きでの食事だったのですが途中から何故か酔っ払っている感覚になってました。

IMG_20180801_172540

この写真を見ると制作も一段落して馴染みの人たちと再会してる安堵感と相当油断している雰囲気が伝わってくると思います。

最近色々と平行して動いてるものが多いのですが、とりあえず次はある式典の音楽の為に作曲の準備なんかを始めつつあります。

広告と違ってアートっていうのはBuying and sellingの対象になりにくい側面がある上に根本的にクライアントではなく作者の意図が重視されるものなので仕事として考えると簡単に割り切れない部分も多いですが、僕のように【特にこだわりがないのがこだわり】みたいなスタンスでやっていると今の時代は結構いろんな事に関われるので飽きずに手を動かせていけるし、そこそこ面白い時代だなと思います。

アート、映像、広告、地域振興、ポップス、CSR・・とそれぞれのベクトルがまた違う側面に作用してくれるので一緒に関わる人も多岐に渡り非常に人生勉強させてもらってます。

・・とりあえず、毎年この時期は大きめのアート作品に関わることにしていますが見た人のリアクション含めエキサイティングな日々になっていて、とても気に入っています。

なんと言っても僕の大好きな夏ですし。

【EARTH SCAPE】

Artist : 佐藤香 / 大岡 真一郎

Director : 矢部佳宏
Sound programming : 大岡 真一郎
Public relations : Kaori yamaguchi
Design : ITWST

Technical staff : team.NIAV

http://nishiaizu-artvillage.com/earth-scape/

NCM_4051


EARTH SCAPE 2

今回の夏の作品【EARTH SCAPE】のフライヤー関係。

IMG_8994 (Small)

ポスター届いてた デカッ!

IMG_9001 (Small)

今回のデザイン関係を担当してくれているのはITWSTというデザインユニットの2人なんですが、イラストレーターの楢崎さんとアメリカ人のウィルという夫婦でやってるクリエイティブ・ユニットで実は以前何度か仕事はしていて今回も縁があって一緒にやっていますw

コラボレーションの佐藤香さんが楢崎さんのデザインを凄く気に入っていて「絶対あの2人に頼む!私行ってきます!!」と言って諸々キュレーションしてくれました。

楢崎さんは最近だとYCAM(山口情報芸術センター)のイヤーブックのイラストなども手掛けていて今回のようなメディア・アートっぽい作品のテイストもデザイン上で視覚的に伝えるのが本当に天才的だと思う。

インスタレーションのような展示系の美術作品は会期が終了するとこの世には存在しないものになってしまうので、結局はこういうフライヤーやポスターなどのアーカイブは手元にずっと残っていくことになります。

色々溜まってるけど見返すとやっぱり懐かしいです。

浸ってる時と場合ではないんですが・・


EARTH SCAPE

EARTH SCAPE

今年の夏はこれをやってます

二年前にサウンドインスタレーションのprimitive soundscapeという作品があったけど今回は名前が似ているだけで全然別物です。

今の時代はCDなんかもあんまり売れていないし音が関係する作品という意味ではライブ(生)であること、それをどこでやるか(コンセプト)というものを凄く意味のある事として考えていますが、一人名義でやるもの以外なら【誰とやるのか】という点も個人的には凄く重要だと思っていて、コラボレーションの佐藤香さんはもちろんのこと今回の運営をしている一般社団法人BOOTとの仕事という意味においても今回は初めてで、月末まで制作の心地いい緊張感と新鮮さに浸ってます。

今回の作品は一人じゃ出来ないというのは当然の事ながら佐藤さんと2人だけでも作れなかったと思う。
昨日も現場仕込みが夜まで続いていたけど非常に多くの人の関わってくれている作品になっています。

月末に掛けての音作業も佳境です。
毎日信じられないくらい暑いけど心地の良い水音に首まで浸かってますw

(諸々のインフォメーションなどは下記のサイトに記載してあるのでリンクを貼っておきます)
http://nishiaizu-artvillage.com/earth-scape/


知人のカフェライブにアレンジで参加してます

友達の歌手の兵藤明日香の久しぶりのカフェライブにアレンジで参加してます。

【日時:7/15(日) OPEN 11:45 START 12:00
場所:天神カフェ @福岡市中央区KBC前
チケット代:¥1,000- (別途:要1drink)】

SEとかも作ってたりしてるので、彼女のステージに
何か新しいテイストを添える事が出来ているといいなと思います。

歌モノだと最近はNatalie Imbrugliaが凄く気に入っているんですが、
歌の上手なアーティストのアレンジやアンサンブルは色々試せるのでやっていて楽しい。

明日香も昔から知ってるけど相当巧い歌い手なので「1曲何かアレンジしてよ」
と言われた時も迷わず快諾しました。

普段はあまり知り合いの手伝いとかしないのですが、
音楽を同じように続けてきた同年代も段々と少なくなってきたし
ここまで来たらもう音楽そのものよりもそういう仲間の方が大切なのかも。

あ、しまった、歳がバレるような事を書いてゴメンなー・・

o0800106712393852212


西会津フィールドレコーディング

夏のインスタレーション用素材の収集の為長靴履きで西会津の山奥へ。
隠れ滝の音や、自然の中の小さなノイズなどに耳を澄ませながらフィールドを散策。

普段は気付かないような微細な音をPCMという音の規格で素材として収録していきます。

昨日は10種類ほどのサウンドを録音。

これからその確認作業。